お金を数える事務職の仕事

お金に関する事務の仕事といったら、経理になるかなって思います。でも、例外も案外あるもんなんですよね。

お金にかかわる事務の仕事は経理かな

お金って、重要なものです。ここにかかわる事務関係の仕事というと、経理になりますね。経理は資格がないとできない部署でもあります。でも、しかくは全員がもってなくてもいいみたいで、新入社員とかが急に配属になったりということもあります。また、経理課に行きたいといって、がんばって、簿記の資格をとった友達も、なかなかそこにはいけない現状もあります。社内の人事異動というものがあるのですが、適性のある人がお金というのは管理していくほうがいいですが、それがうまく活用されるとはかぎらないところもありますね。資格があってもなかなかいけない人もいます。好きな部署でなくても、ずっとやってると、それなりにつよくなるので、移動となまでいかないですね。

会社だと、ここが現金が動くところですが、会社のお金というのはまた違ったところで動いているもんです。仕入れの単価とか、あとは販売のねだんというものが、利益として、お給料になっていくものです。つい現金がうごくところが一番お金がうごくかなって思うのですが、そうでもないもんです。もっと大きくお金が動くところがあるもんなんですよね。ただし、紙の上での計算ということになるので、実感というのがないっていうところがあるんです。なんで、そんなにぎらぎらしなくてすむのかもしれないです。間違いなく、お金をあわせていくのもいいんですが、そこを値切ったりいい値段でうったりということも、必要な事務的な仕事の一つではあります。

金融・お金関連情報。ここのホームページをブックマークしましょう☆