お金を数える事務職の仕事

事務の仕事をする上でお金の管理をすることが得意になり、主人と結婚することで私が家計管理をすることになりました。

事務の仕事を通してお金の管理が得意になったこと

私は結婚する前から一般事務の仕事に従事し、従業員の給料計算もしていたため、お金の管理をすることは非常に得意でした。主人と結婚したことでお金の管理方法をしっかりと話し合うべきと考え、主人と話し合いを行いました。最近、共働きの夫婦は同棲の延長のような感じで、住居費や光熱費など全ての費用を折半して生活している家庭が増えているそうです。人の家庭により家計管理の仕方は全く違いますが、私自身折半してお金を出し合うのではなく、お小遣い制にしてどちらか一方が二人の収入を管理した方が良いと考えました。

仕事の経験上私が管理したいという思いがすごくありましたが、主人が管理したいと言えばお願いしようと私自身思っていました。誰が管理しても1ヶ月単位で収支や貯金金額をしっかりと報告するという条件で、主人と話し合いを重ねました。主人自身はあまり管理することが得意ではなかったため、私に家計管理を任せたいと直接言ってくれました。主人から管理することを任されたため、自分達の老後や子供の教育費をしっかりと貯金していきたいと考えるようになりました。夫婦共働きで仕事をしているときが一番貯金できるときだと考えているので、今が頑張り時だと思います。二人で協力し合うことで貯金することができるので、夫婦でしっかりと支えあいながら、仕事を頑張りたいと思うようになりました。これからも一般事務の仕事をしながら、主婦業もうまく両立したいです。

金融・お金関連情報。ここのホームページをブックマークしましょう☆